みんな気になる?!ギモンと答え みんなが気になる宇宙のギモンに、宇宙研の先生が答えるよ!

気になるギモンを

このページの使い方

人工衛星とロケットのギモン

太陽には、どれくらい近づくことが出来ますか?

答え

太陽の表面温度は約5500度です。当然ながら,生身ではとても耐えられません。ちなみに,太陽の他の場所より温度が低い「黒点」でも4000度くらいあります。

宇宙探査で使われる技術の中には,たいへんな高熱にたえる技術も含まれます。例えば,地球の大気圏へ突入するカプセルなどには,熱にたえる(耐熱)技術が必要です。「はやぶさ」のカプセルは,大気圏突入の時には表面が3000度以上になりました。このカプセルを使えば,太陽にもかなり近づけそうですね。ただし,長時間はとても無理です。

太陽の近くで人工衛星を使うためには,衛星の中の熱をうまくコントロールしないと,機械が熱くなりすぎて衛星が壊れてしまいます。例えば,太陽に近い水星をまわる人工衛星は,本体が特殊な鏡でおおわれていたりと,熱にたえるためにいろいろと工夫されています。

いまのところ,太陽に最も近づいた人工衛星でも,水星より少し太陽に近い程度です。
カテゴリー
  • 太陽系
  • 太陽
  • 地球
  • 月
  • 星(恒星)
  • 銀河系と銀河
  • 宇宙
  • 宇宙を探る
  • 人工衛星とロケット
  • 宇宙へ飛び出す

トビラにもどる

ページの先頭へ