みんな気になる?!ギモンと答え みんなが気になる宇宙のギモンに、宇宙研の先生が答えるよ!

気になるギモンを

このページの使い方

星(恒星)のギモン

星の光はなぜ7年後のが、ボク達に見えるんですか?

答え

自分で光っている太陽のような星を「恒星こうせい」と呼んでいます。恒星の中で地球から一番近い星は太陽ですが、他の恒星はとても遠い所にあります。たとえば太陽から一番近い恒星は「ケンタウルス座アルファ」といって、太陽から光の速さで旅して4年ちょっとかかる所にあります。太陽が近いと言っても、地球に光が届くのに8分かかるわけですから、私たちが見ている太陽は、正確に言うと8分前の太陽ということになります。

地球から光で7年かかる所にある恒星というと、多分「おおいぬ座」のシリウスでしょう。それを見る私たちは、その星の「7年後」ではなくて「7年前」の光を見ているのです。恒星はもっともっと遠くにあるものがいっぱいあり、中には光で100億年以上もかかるような遠い星もたくさんあります。
カテゴリー
  • 太陽系
  • 太陽
  • 地球
  • 月
  • 星(恒星)
  • 銀河系と銀河
  • 宇宙
  • 宇宙を探る
  • 人工衛星とロケット
  • 宇宙へ飛び出す

トビラにもどる

ページの先頭へ